ゆるふわ髄想録

ゆるふわ嗜好×ゆるふわ思考×ゆるふわ試行

切り取ってよ、一瞬の光を/『メメント』の感想

メメント あらすじ
数分前の記憶を忘れてしまう前向性健忘の男が妻殺しの犯人を追う、クリストファー・ノーラン監督が贈る異色サスペンス。
http://amzn.asia/2n2MpY1

本作は紛れもない”復讐者”の物語である。決して”殺人者”の物語や”異常者”の物語ではない。主人公レナードは、誰よりも現在を全力で生きる、閃光のような復讐者なのだ。

過去や未来は抽象的な空間であり、誰もそこで生きることはできない。復讐に身を捧げることは、過去に基づく現在の生き様である。万物が流転する世界では、変化しないことも一つの変化である。復讐のために未来を閉ざすことや、新しいことを記憶できないことは、過去にとどまることを意味しない。

過去は現在から発した推測であり、現在がその全てを規定する。記憶は正しくない。事実も正しくない。主人公レナードが特殊なのは、記憶より事実に重きを置かざるをえないこと、それだけだ。

ぼくたちが脳内に記憶を刻むように、レナードは肉体に事実を刻んでいく。だけど、ぼくたちが無数の自己を記憶するのとは異なり、レナードは復讐者としての自己だけを選択して記していく。真実に至るための情報ではなく、復讐者としての自己で在り続けるための情報を。だから現実の肉体に”I'VE DONE IT”の文字はない。

主人公レナードは、誰よりも現在を全力で生きる、閃光のような復讐者だ。妻は何者かに殺され、記憶は10分と持たず、しかし思い出は消えることはない。コールガールとの茶番を通して、それを肉体の記憶にも刻み込んでいく。事実を掻き集めて彫り込んで、復讐者としての世界を構築していく。そうして世界を想う。自分の外に世界はあるはずだ。目を閉じても世界はそこにあるはずだ。

そして再び見つける。当然だ。過去は現在から発した推測であり、現在がその全てを規定する。現在を形づくるのは、紛れもなく存在していた過去である。しかし全ては世界のなかに埋め込まれ、ぼくたちは自分勝手にそれを解釈するしかない。

復讐しても忘れてしまうが、やることに意味がある。レナードの語る言葉に嘘はない。妻の"復讐のため"にこそ生きる。テレビCMのように刹那的なレナードにとって、復讐はもはや目的ではなく、人生を刻むために唯一残された手段なのだ。

ゆえにレナードは、その人生を犯した者を決して許さない。これぞ人生を奪われた者――”復讐者"の物語である。