ゆるふわ髄想録

ゆるふわ嗜好×ゆるふわ思考×ゆるふわ試行

「映像居酒屋ロボ基地」で散りゆく○○に未練を感じたという話

池袋駅近辺のビル街で、さも当然のように異彩を放つザンボット3。そこに書かれた「映像居酒屋ロボ基地」の文字。居酒屋なのか、基地なのか、静かに眠る海の底なのか。

f:id:inmecha:20180330235743j:plain

今春から東京で働きはじめる友人の就職祝いとして、池袋にある「映像居酒屋ロボ基地」に行ってきた。ロボットアニメを見ながらお酒が飲める「大人の秘密基地」がコンセプトなのだが、どう見ても”秘密”基地ではないのはご愛嬌。香月くんに石投げられるよねコレ、と思っても、決して口にしないのが社会人マナーなのだ。

『映像居酒屋 ロボ基地』とは
戦いに疲れた身体を癒す為、毎夜、戦士が集う非武装地域の秘密の酒場。
所属も階級も関係なく、酒を酌み交わす。
スマホに映る歴戦の勇士に思いをはせながら…
そう、ここは特別な場所『映像居酒屋 ロボ基地』。
http://bpnavi.jp/shuzo/eizou_robokichi/index.html

f:id:inmecha:20180331005008j:plain

嘘ですめっちゃ秘密基地でした。わー!って言いました。24歳なのに、わー!って言いました。少年ハートで You gotta remember でした。テンション上がりすぎて入店シーンを友人にビデオ撮影してもらいました。くたびれた背中が写ってました。悲しいね…バナージ…。

そんな哀しみと刻を超えてゲートをくぐると、ロイ・フォッカー仕様のVF-1Sが出迎えてくれた。写真では伝わりにくいのだけど、人間の子供なみの大きさで、そのうえ細部まで作り込まれているので、実物はズッシリとした迫力がある。というか迫力がありすぎて、人間を一人ずつ殺していく自律兵器みたいで、ちょっと心がざわついた。

f:id:inmecha:20180331013158j:plain

なんてビビってビルギットな妄想に耽っていると、店員さんが登場。コンセプト”設定”を説明してもらい、階級バッヂを渡される。来店ごとにポイントが溜まり、それに応じて昇進していくシステムらしい。ポイントカードに記載されている最高ランクは「ダイヤモンドメンバー」だけど、ぼくは隠しランクとして「総監督」があると踏んでいる。

メニューはこんな感じ。「強獣の肉盛り」はズルい。通ぶりたいオタクの心と、肉を食いたいオトコの心を同時に狙い撃つ鬼畜の所業。もし「ガラリアさんのオニギリ」まであったら(お腹周りが)ヤバかった。これがバイストン・ウェルの意志か…。

f:id:inmecha:20180331012736j:plain

オススメは、不穏な色をしたカクテル「無限力」と、トミノ・ピザもとい「イデのゲージピザ」の二つ。絶対キッチンスタッフはTOMINOで書いてるよなと笑い、流れ弾でキッチ・キッチン思い出してツラくなること請け合いだ!! バッフ・クランめー!!

f:id:inmecha:20180331022520j:plain

f:id:inmecha:20180331022238j:plain

ちなみに基地内には専用Wi-Fiが吹かれていて、自分のスマホからワンタイム配信サービス「BANDAI CHANNEL TOUCH」*1が利用できる。説明を読む限りでは、単に自分のスマホで配信タイトルが見れるという微妙なサービスなのだけど、これが想定以上によくできていた。基地内にあるプロジェクターとも連動していて、カラオケで曲を入れるみたいにして、大画面に"数分単位の名シーン”を流すことができるのだ。この数分単位というのがミソで、誰かが連続で入れれば偏ることもあるけれど、そこそこ短いため回転率が早くて気にならないし、むしろ他のお客さんが選んだ作品やシーンの方が話が盛り上がる。

ゼオライマーの「ストーリーってのはよぅ、こうやって終わらせんだよ!!」なラストシーンにしみじみしたり、口角泡を飛ばして「ナイトメアフレームは空を飛んじゃダメなんだよ!」と叫ぶ一方で紅蓮聖天八極式の戦闘シーンに見とれていたり、ククルス・ドアンの島がないことを嘆きながらGファイター合体シーンに「なんでだよ!」と色んな意味でツッコんでみたり、そういえば逆襲のシャアって結局シャアが何に逆襲したのか良くわかんないとこが逆シャアだよね、シャアの逆襲じゃないんだよね、なんて話をしてみたり。

そんなこんなで飲み食い喋り、〆に注文したのがコチラ。

f:id:inmecha:20180331024635j:plain

f:id:inmecha:20180331024622j:plain

「一切れだけ食べると不吉なので、全部たべて帰ってください」と一言。ステーキソースと生命の味がしました。

最後にリアルサイズの「スコープドッグの腕」を拝見。店員さんに頼むと担がせてもらえるのだけど、なんだかカルトな儀式みたいだし、偶然レッドのセーターを着てたし、ディテールを解説してくれる店員さんの瞳孔は開いてるしで、最高に最低野郎な展示でした。

f:id:inmecha:20180331053212j:plain

スタッフの皆さん、楽しい一時をありがとうございました。明日からまた、肩を喘がせ、爛れた大地を、ひたすら踏みしめて働く所存です。

明後日? そんな先のことは…え? 4月?? 嘘だろ?? この仕事量だぞ?? 年度末は死なねぇ!! 年度末は死なねぇ!! 年度末は死なねぇ!! ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ΩΩΩΩ<コチャックーーーー!!