宇宙逃避航海日誌

Space Run A-Weblog

目覚まし時計に宗旨変え

平成も終わらんとする時代に、スマホの数百倍は劣るレガシーデバイス「目覚まし時計」を手に入れた。特に深い理由はなく、懐かしさで何となく買ってみただけなのだが、これが驚くほどスッキリと目が覚めた。別に特別な機能があるわけでもない、2,000円程度の置き電波時計にも関わらず、である。スマホのアラームで十分だと思っていたが、釈迦も掌返しで宗旨変えするほどの衝撃を受けた。

僕は睡眠の専門家でもないし、あえて調べるほどでもないので、駄仮説だけ置いておくと「起きるときの動作か否か」が両者の決定的な差なのではないかと思った。言い換えると、目覚まし時計を止める動作は起床時のみのものだが、スマホのアラームを止める動作は就寝時と同じであり、それゆえ目覚まし力(めざまし-ちから)が違うということだ。もうお分かりかと思うが、①スマホを手にし、②画面をみて、③タップして、④投げ捨てる(⑤また手にしちゃう)というアラーム停止時の一連の動作は、寝るときとほぼ同じである。それは単に外形的な話だけではなくて、例えば小さな画面に焦点を集中させることなど、細胞などの動きも含む。

その意味でいえば、目覚まし時計らしき動作を継承しつつ、もっと起床に特化したデバイスだって作れるはずだ。それが目覚まし時計業界の活路ではないかと思う一方、ナチュラル・ボーン・スマホアラーム世代には一切響かないのかもしれなく、こと文化やビジネスというものは難しいと痛感する。うーん、やっぱちゃんと調べるかな…。雑な括りではUI/UX、もう少し細かく見ればアフォーダンス、換骨奪胎的な飛び道具としてはメタセマンティクス等の知見も活かせるのかも。バイタルデータ分析は隆盛だけど、こういう視点で睡眠or目覚ましサービスを設計してる企業いないですかね。

そんなことを考えつつ、今日も二度寝した。それじゃあ駄目じゃんSHUNPU-TEI-SHOTA-DEATH。