宇宙逃避航海日誌

Space Run A-Weblog

空白の春/『鉄血のオルフェンズ』(50話:最終回)の感想と総括

鉄血のオルフェンズが終わった。よく出来た最終回だった。

…よく出来た最終回だったとは思うのだけど、コレは「オルフェンズの最終回」ではないな、というのが正直な感想だ。とても綺麗に物語の幕は下りたのだけど、これまでの49話を経ての50話ではなかった。オルフェンズの概要を知っている人が書いた最終回という印象だった。

この違和感の正体は、後半パートで「世界の結末」を描いてしまったことと、クーデリアが「革命の乙女」ポジションに返り咲いてしまったことの二点だと僕は考えている。以下、この二点について「世界の結末」と「革命の乙女」というテーマで僕の感じた違和感を考察する。今更だがネタバレ注意。

続きを読む

マクギリスはガンダムWの世界の住人だったという話

「アグニカポイント」について書かれたエントリが面白かった。

b.hatena.ne.jp

なるほど。と何度も頷きながら読んだのだけど、マクギリスが本当にアグニカ原理主義だったかというと少し疑問が残る。

僕はマクギリスの軸は2つあると思っていて、1つが「群れてるアイツらを見返す」という陰のエネルギーで、もう1つは「絶大なチカラを行使したい(パワー最高)」という陽のエネルギーだ。だから、アグニカ信者というのはモチロンそうなのだけど、ではアグニカ・カイエルの英雄譚が「最後はセブンスターズの友情パワーを集めて怨敵モビルアーマーの首魁を倒しました」という物語であれば、マクギリスという人間は入信しなかったと思うのだ。別にマクギリスは英雄になりたいワケではなくて「ギャラルホルンを追われた俺が、アリアンロッド艦隊の司令を一人で葬る」みたいな状況にエクスタシー感じちゃうだけだと思う。だから、結果としてはアグニカ信者なんだけど、それは単に彼の2つの軸に(彼の思う)アグニカの物語が合致していたにすぎない気がするので、彼をアグニカだけで語るのは違和感がある。まぁ、結局はアグニカの物語が何かわからないと何も言えないんだけど。

じゃあ自分が「アグニカポイント」の代わりに何の指標でマクギリスを表そうかと考えてみると、それは「歌舞伎ポイント」ではないかと思った。歌舞伎みたことないけど。

続きを読む

ひとりで生きていけるようになっても、みんなで生きていいじゃない。/『けものフレンズ』の感想

色んな人が好きに楽しめる間口の広さをもっているようで、実際は不要なものを徹底的に切り捨て、巧みに「見るべきポイント」に誘導し、そこに少ない資源を全力で投入した稀有な作品。それがアニメ『けものフレンズ』の凄いところだと僕は思っている。

ジャパリパークという場所は「自分らしくあることの摩擦」がない世界で、そこに生きるフレンズは他者や世界と触れ合うことはあっても、個体同士が(それほど)生々しくぶつかりあうことはない。多様性が内面ではなく外面だけに表れた物語なのであり、考察や議論の余地は「生き方」とか「決断」ではなくて、ただ彼女たちを取り巻く世界に対してのみ向けられる。本作が視聴者に提示するのは、人生観とかダイバーシティーとか倫理とか、否応にも視聴者個人の経験や内面が反映されるような「問題」ではなく、世界設定の謎など、あくまで個人の知識や発想が答えにつながる「問題」のみなのだ。

テーマとして多様性の尊重を扱いつつ、個人の経験や人生観が反映されない作りになっているのは見事と呼ぶほかない。僕はクリエーターではないので実際のところは知る由もないが、普通は自分の見解とか意見をキャラクターを通じて語りたくなるものじゃないのか。そうでなくとも、例えば問題そのものをありのまま描くなどして、どんな形であれ人間の内面に関わる「問題」を描きたくなるんじゃないのか。

ある意味で「真に多様性を認めるためには対話ではなく衣食住の整備が必要」というメッセージを読み取れないこともないが、これはあくまで無理矢理な解釈であり、そんなことを描いた作品ではない。結局は最後までセルリアンが「のけもの」だった本作は、テーマとして多様性の尊重を"扱い"つつ、絶対に許容できない相手に対する折り合いは描かなかった(意図的に描かなかったのだと思う)。

そもそも多様性をキチンと描くというのは不可能に近い。あるマイノリティを描けば、それからも外れてしまう人や、本当は外れているのに含まれて(いると思われて)しまう人が、掬ったはずの手のひらからポロポロと溢れおちて、結局は誰も残らないなんてことになってしまう。というか、誰もが何かの意味で必ずマイノリティな部分はあるのだし、そういう個の断片がインターネットで瞬時に可視化される世界に僕たちは生きているのだ。良くも悪くも。

動物をモチーフにするということは「身体的なわかりやすさ」をキャラクターに反映するということで、もう少し多様性の問題に踏み入って描いていれば、おそらく悪い意味で炎上事案になっていたと思う。基本的に「1アニマル1フレンズ」だったし。まぁコレは予算の都合として許されるだろうけど。

繰り返すが、本作はそのあたりのバランス感覚が異常に優れていた。良い意味で「楽しくない」部分を徹底的に排除して(通過儀礼をクリアすれば)誰でも楽しめる作りになっている。世界設定についても、考察の余地を残しているが、別に考えなくても楽しめるという親切設計である。少人数小規模のプロジェクトだからこそ、ここまでコントロールできたのだろう。すごい。

—ここまでは全体のハナシ。ここからは最終回の感想。ネタバレ注意。—

続きを読む

最高の最終回でした/『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(49話)の感想

今週のオルフェンズはイオク様の出番がなかった。以上。解散

…というのは冗談で今週のオルフェンズは抜群に面白かった。
…面白かったのだが、特に書くべきこともない、というのは本当である。

今週のマクギリスは最高だった。
それはもう、今迄の全てを帳消しにできるほど素晴らしかった。

確か氷川竜介氏だったと思うが、機動戦士ガンダムの魅力を「子供は背伸びできて、大人は童心に帰れる」と見事に評していたが、その意味で今週のマクギリスはガンダムの主人公だった。

粋がって歌舞いて死んでいく。マクギリス・ファリドは孤独な男のロマンを体現した存在であった。舞うように敵軍を刺し殺すバエルもカッコよかった。繰り返すが今迄の全てを帳消しにできるほど最高だった。

ギャラルホルンを追われた俺が、アリアンロッド艦隊の司令を一人で葬る」

コレに憧れない男子は、多分、人生が上手くいく人だと思う。本心から周囲の人間を思いやれる素晴らしい人だと思う。だけど僕は、その人とは旨い酒が飲めないだろうとも思う。

続くセリフの「その行為が世界を変える」は多分どうでもいい。「ギャラルホルンを追われた俺が、アリアンロッド艦隊の司令を一人で葬る」ってのが大事なのだ。そこが分かる人に説明は要らないし、分からない人には説明しても無駄だと思う。

だから今週は特に書くべきこともないのだ。

…と思っていたが、書き出したら筆が進んだので、もう少しだけ書いてみる。

続きを読む

ドキ!執行役員だらけのカラオケ大会!/アニソン定額聴き放題サービス「ANiUTa」の記者発表会からみる今後のサービス展開

アニソン専門の定額配信サービスANiUTaがついにリリースされた(2017/03/24)

www.youtube.com

本サービスはアニソンレコード会社10社(フライングドッグ、エイベックス・ピクチャーズKADOKAWAサンライズ音楽出版東映アニメーション音楽出版東宝、フロンテイアワークス、ポニーキャニオンマーベラスランティス)が共同で設立した「株式会社アニュータ」により運営されており、有料会員(月額600円)になると5万曲の以上のアニソンが聴き放題になる。
なお、コロムビアソニーミュージックキングレコードの3社は参加していない。

さて、このANiUtaの記者発表会には動画アーカイブがある*1のだがコレが非常に面白かった。ネタ的な面白さもありつつ、アニソン業界の研究としても興味深い1時間であった。以下、「紹介作品からみる記者発表会」と「ココが見所!記者発表会!」の2つの切り口で記者発表会を紹介し、最後に「来月あたりにコロムビアソニーミュージックキングレコードの3社も(部分的に)参画するのでは」という観点から本サービスの今後の展開を予想する。

続きを読む

「辿り着く場所=画面のこちら側」説/『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(48話)の感想と『アウトレイジ ビヨンド』のラストシーンの考察

今週も鉄血のオルフェンズが面白かった。
そして今週も最終回予想が外れた。

最終回は「三日月さんを生体パーツとして取り込んだ火星極冠遺跡の演算ユニット・バルバトス、そのボソンジャンプ(強行突破)で瞬時に地球に移動した鉄華団とマッキーは、電子の妖精バエルの力によってアーブラウ内のシステムをハッキングしID書き換え成功!ブイ!」、コレで間違いない。
「ガンダム・バエル=ホシノ・ルリ」説/『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(47話)の感想と最終回予想 - 宇宙逃避航海日誌

さて、それはそれとして、今週のオルフェンズには二つの驚きがあった。

第一に、バエルさんが活躍したのだ。
これにより僕の「ガンダム・バエル=ホシノ・ルリ」説は脆くも崩れ去ってしまった。
とはいえ、ロト装備でスライム軍団とぶちスライム(うんのよさ999)相手に無双したに過ぎないので果たして本当に強いのかは謎である。

第二に、イオク様が活躍したのだ。
「お前たちは動いてはならん」と言いつつ、反撃の口実を作るためバエルに突撃するイオク様の成長したお姿に涙を禁じ得ない。
ちなみに僕は今週のオルフェンズをアパートの共用リビングのテレビで観ていたのだが、イオク様が突撃するタイミングで別のテーブルにいた外国人集団から大爆笑が起きた(偶然)。流石は世界に轟くイオク様である。

あとオルガが死んだ。
Vシネマの作法を踏襲して見事に死んだ。個人的には血まみれで立ち上がるときに煙草を咥えなかったことが不満だが、良い子の観るアニメだから仕方がない。

辿り着く場所なんていらない。ただ進み続けるだけでいい。止まんねぇ限り道は続く
オルガ・イツカ/48話「約束」

鉄華団と三日月サンを「ここではないどこか」に連れて行くために頑張り続けた彼が最後に辿り着いたのは「辿り着く場所なんていらない」という答えだった。

そんな彼の死にざまを観ていると、ふと「辿り着く場所=画面のこちら側」という式が僕の頭に浮かんだ。そして、その式が頭に浮かんだ瞬間、僕のなかで何故か『アウトレイジ ビヨンド』のラストシーンが鮮明な画として駆け巡ったのだった。

以下、まず『アウトレイジ・ビヨンド』のラストシーンに関する僕の解釈をまとめて、その後「辿り着く場所=画面のこちら側」を説明する。まだ最終回は未放映のためネタバレになるかもしれない。その点だけご注意を。

続きを読む

「バレエ・メカニック」は最終回であり最終回ではない/『交響詩篇エウレカセブン』における植民戦争の考察

エウレカセブンの新劇場版『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の制作が決定した。「エウレカセブン」と「劇場版」の組み合わせを見て、脊髄反射的にクォーツ・ガンをブッ放してTV版以降をセブンスウェルしたい気持ちに駆られる皆様方もいらっしゃると思うが、まずは落ち着いて速報PVを見ていただきたい。

www.youtube.com

殺す気か。
レイ&チャールズ機らしきKLF、デビルフィッシュの色違い、若き日のアドロック・サーストン、などなど。TV版の視聴者の心をくすぐるカットが随所に散りばめられており、否が応にも(主にハップさんの扱いに)期待せざるをえない。

「広がる世界で出会った君は、きっと失くした、もう一人の俺なんだ。例え、ここで世界が消滅しても。おめでとう、自分。おめでとう、俺。」
少女=運命と出会った少年は、「世界」を知るため旅立つ。新世代のための叙事詩が今、始まる。
「交響詩篇エウレカセブン」 | バンダイチャンネル

僕は『交響詩篇エウレカセブン』が大好きだ。どれくらい好きかというと、本作が話題になるたびに48話「バレエ・メカニック」を観返してはオイオイ泣いて、良い最終回だった…と独りごちる病気に羅患している。というか今も目を真っ赤にしてこの文章を書いている。良い最終回だった…

だが、義務教育で習ったように、エウレカセブンは全50話の作品である。要するに48話「バレエ・メカニック」は最終回ではない。

では、なぜ僕が最終回の余韻に浸りオイオイ泣いているかと言えば、48話が「甘酸っぱいボーイミーツガール」であるエウレカセブンの最終回だからだ。

エウレカセブンという作品は「甘酸っぱいボーイミーツガール」と「苦い植民戦争」の二つのテーマを少年少女の成長譚として描ききった作品である。したがって、本作には「甘酸っぱいボーイミーツガール」としての最終回と「苦い植民戦争」としての最終回の二つがあるのだ。以下、甘酸っぱいボーイミーツガールの最終回として48話、苦い植民戦争問題の最終回として最終50話を紹介し、二段階の最終回が意味するところをまとめる。なおネタバレ注意。

続きを読む