宇宙逃避航海日誌

Space Run A-Weblog

「声優が凄い」という評価は失礼/『昭和元禄落語心中』『昭和元禄落語心中-助六再び篇-』の感想

これまでの人生で、たった一度だけ寄席に行ったことがある。まだ小学生だった頃、僕は父親に連れられて、三遊亭好楽三遊亭楽太郎の二人会を観に行った。

残念ながら良い思い出ではない。地元の寂れた文化会館は、小さなハコにも関わらず空席が目立ち、三遊亭好楽の「ピンクの小粒、コーラック」という口上がややウケだったこともあって、とにかく居心地が悪かった。いざ本編が始まっても、落語の知識も古典の教養もない当時の僕はとにかく退屈で、開始早々に爆睡した右隣の酒臭いオッサンの轟くようなイビキも不快で、早く帰りたいなとか、聞く気がないなら帰れよとか、自分のことを棚に上げたり下ろしたりしながら、そんなことばかり考えていた。

けれど、小さくとも人間一人には広すぎる舞台の上で、薄暗く冷え切った客席に向かって身一つで喋り続ける噺家の姿は、なぜか影絵のように強烈に脳裏に焼き付いている。

あたしの落語は誰のための落語でもねぇ。てめえのためにやってたんだ。
菊比古/『昭和元禄落語心中』6話

それっきり落語には縁もゆかりもなかったが、たまたま見始めた『昭和元禄落語心中』が非常に面白く、続く『昭和元禄落語心中助六再び篇-』まで一気に観てしまった。いやはや素晴らしい完成度であった。長く語り継がれる作品となるのは間違いない。

ただ、本作を「声優が凄い」という評価で語るのには少し思うところがある。そんなわけで感想と合わせて駄文を書き綴ることにした。なおネタバレ注意。

続きを読む

『銀河英雄伝説FE 銀河帝国/自由惑星同盟』の感想とキャラクター紹介

銀河英雄伝説ファイアーエムブレムのコラボ作品『銀河英雄伝説FE 銀河帝国/自由惑星同盟』が予想を遥かに上回る完成度で素晴らしかった。僕は銀河帝国バージョンを買ってプレイしたのだけど、クリアした一時間後には自由惑星同盟バージョンをAmazonでポチっていた。

さて、すぐにでも自由惑星同盟バージョンをプレイしたいのだがまだ届かない。仕方がないので、銀河帝国バージョンの感想と、おすすめ&地雷キャラクターを紹介して気を紛らすことにする。なおネタバレ注意。

続きを読む

Comedian Lord と Brave men Road/『ドキュメンタル』の感想

『ドキュメンタル』のシーズン2が終わった。いやぁ今回も素晴らしかった。僭越ながら出場された芸人の皆様やスタッフの方々に惜しみない賛辞を贈りたい。どうもありがとうございました。

そして例によってAmazonレビューが荒れていた。いくつか読んでみたが、やはり「一番面白い奴を決める」という宣伝文句がマズいんだよなぁと思った。

僕はこの番組が本当に「大好き」なのだが、そんなに「面白い」とは思わない。もう少し正確に言うと、いわゆる「芸」の面白さを求めて観るような番組ではないと考えている。

『ドキュメンタル』という番組は、福本伸行作品に登場するド畜生サディスティック大富豪の気分で観るべき番組なのだ。キンキンに冷えたビールを片手に、焼き鳥をうし…うし…しながら、人間が足掻く様を楽しむべきなのだ。

本番組を「一番面白い奴を決める」企画として観ることは、摩天楼ビリビリ綱渡りを「勇気ある人間を決める」企画として観るようなものである。だから「面白い人ほど笑うのでそういう人が脱落するルールはおかしい」のような批判は「最前列の人間が風よけになるので勇気ある人間ほど不利なルールはおかしい」と同じくらいナンセンスだと思う。そこは別にいいでしょ。生きて明日をつかむために足掻いて足掻いて泣きながら落ちていくのが面白いんじゃないか。金と名誉のために必死に笑わせようとする姿が面白いんじゃないか。

落ちたら即死だが進まねばならないという「恐怖」の極限に蛮勇や自棄や慈愛があったように、笑えば退場だが笑わせねばならないという「何か」の極限に悲哀や狂気、そして爆笑があるのだ。シーズン3も何卒よろしくお願いいたします。

ブラウン管の中のイヴァリース/『ファイナルファンタジーXII』の思い出

アーケード版DISSIDIAエクスデスが追加されたということで早速キャラ紹介の動画を見たのだが、これまでの鈍足ガードカウンター特化はどこ吹く風、ガンガン動いて敵を屠る先生の姿に乾いた笑いがでた。普段は大人しいがキレたらヤバい理科教師じゃないか。

www.youtube.com

そんな暴れ狂う先生の勇姿に呆然とし、動画の最後で「宇宙の 法則が 乱れる」がナレーションではなく御本人の台詞であったことに驚いていると、そのまま『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』の公式生放送に飛ばされた。ヴァンの顔が再生ボタンで隠れているあたりにスタッフの悪意と心意気を感じる。

www.youtube.com

ぼんやりと放送を眺めていたら、なんだか懐かしくなったので、本作の思い出をつらつらと綴ることにする。

続きを読む

空白の春/『鉄血のオルフェンズ』(50話:最終回)の感想と総括

鉄血のオルフェンズが終わった。よく出来た最終回だった。

…よく出来た最終回だったとは思うのだけど、コレは「オルフェンズの最終回」ではないな、というのが正直な感想だ。とても綺麗に物語の幕は下りたのだけど、これまでの49話を経ての50話ではなかった。オルフェンズの概要を知っている人が書いた最終回という印象だった。

この違和感の正体は、後半パートで「世界の結末」を描いてしまったことと、クーデリアが「革命の乙女」ポジションに返り咲いてしまったことの二点だと僕は考えている。以下、この二点について「世界の結末」と「革命の乙女」というテーマで僕の感じた違和感を考察する。今更だがネタバレ注意。

続きを読む

マクギリスはガンダムWの世界の住人だったという話

「アグニカポイント」について書かれたエントリが面白かった。

b.hatena.ne.jp

なるほど。と何度も頷きながら読んだのだけど、マクギリスが本当にアグニカ原理主義だったかというと少し疑問が残る。

僕はマクギリスの軸は2つあると思っていて、1つが「群れてるアイツらを見返す」という陰のエネルギーで、もう1つは「絶大なチカラを行使したい(パワー最高)」という陽のエネルギーだ。だから、アグニカ信者というのはモチロンそうなのだけど、ではアグニカ・カイエルの英雄譚が「最後はセブンスターズの友情パワーを集めて怨敵モビルアーマーの首魁を倒しました」という物語であれば、マクギリスという人間は入信しなかったと思うのだ。別にマクギリスは英雄になりたいワケではなくて「ギャラルホルンを追われた俺が、アリアンロッド艦隊の司令を一人で葬る」みたいな状況にエクスタシー感じちゃうだけだと思う。だから、結果としてはアグニカ信者なんだけど、それは単に彼の2つの軸に(彼の思う)アグニカの物語が合致していたにすぎない気がするので、彼をアグニカだけで語るのは違和感がある。まぁ、結局はアグニカの物語が何かわからないと何も言えないんだけど。

じゃあ自分が「アグニカポイント」の代わりに何の指標でマクギリスを表そうかと考えてみると、それは「歌舞伎ポイント」ではないかと思った。歌舞伎みたことないけど。

続きを読む

ひとりで生きていけるようになっても、みんなで生きていいじゃない。/『けものフレンズ』の感想

色んな人が好きに楽しめる間口の広さをもっているようで、実際は不要なものを徹底的に切り捨て、巧みに「見るべきポイント」に誘導し、そこに少ない資源を全力で投入した稀有な作品。それがアニメ『けものフレンズ』の凄いところだと僕は思っている。

ジャパリパークという場所は「自分らしくあることの摩擦」がない世界で、そこに生きるフレンズは他者や世界と触れ合うことはあっても、個体同士が(それほど)生々しくぶつかりあうことはない。多様性が内面ではなく外面だけに表れた物語なのであり、考察や議論の余地は「生き方」とか「決断」ではなくて、ただ彼女たちを取り巻く世界に対してのみ向けられる。本作が視聴者に提示するのは、人生観とかダイバーシティーとか倫理とか、否応にも視聴者個人の経験や内面が反映されるような「問題」ではなく、世界設定の謎など、あくまで個人の知識や発想が答えにつながる「問題」のみなのだ。

テーマとして多様性の尊重を扱いつつ、個人の経験や人生観が反映されない作りになっているのは見事と呼ぶほかない。僕はクリエーターではないので実際のところは知る由もないが、普通は自分の見解とか意見をキャラクターを通じて語りたくなるものじゃないのか。そうでなくとも、例えば問題そのものをありのまま描くなどして、どんな形であれ人間の内面に関わる「問題」を描きたくなるんじゃないのか。

ある意味で「真に多様性を認めるためには対話ではなく衣食住の整備が必要」というメッセージを読み取れないこともないが、これはあくまで無理矢理な解釈であり、そんなことを描いた作品ではない。結局は最後までセルリアンが「のけもの」だった本作は、テーマとして多様性の尊重を"扱い"つつ(フレンズによって得意なことは違う)絶対に許容できない相手に対する折り合いは描かなかった(意図的に描かなかったのだと思う)。

そもそも多様性をキチンと描くというのは不可能に近い。あるマイノリティを描けば、それからも外れてしまう人や、本当は外れているのに含まれて(いると思われて)しまう人が、掬ったはずの手のひらからポロポロと溢れおちて、結局は誰も残らないなんてことになってしまう。というか、誰もが何かの意味で必ずマイノリティな部分はあるのだし、そういう個の断片がインターネットで瞬時に可視化される世界に僕たちは生きているのだ。良くも悪くも。

動物をモチーフにするということは「身体的なわかりやすさ」をキャラクターに反映するということで、もう少し多様性の問題に踏み入って描いていれば、おそらく悪い意味で炎上事案になっていたと思う。基本的に「1アニマル1フレンズ」だったし(PPPも全員が違う属のペンギン)。まぁコレは予算の都合として許されるだろうけど。

繰り返すが、本作はそのあたりのバランス感覚が異常に優れていた。良い意味で「楽しくない」部分を徹底的に排除して(通過儀礼をクリアすれば)誰でも楽しめる作りになっている。世界設定についても、考察の余地を残しているが、別に考えなくても楽しめるという親切設計である。少人数小規模のプロジェクトだからこそ、ここまでコントロールできたのだろう。すごい。

—ここまでは全体のハナシ。ここからは最終回の感想。ネタバレ注意。—

続きを読む