Space Run A-Weblog

生き続けたら 君は哀戦士

ポプテピピックのむずかしさ

Amazon Primeにズラーーーっと並んだ新作アニメを眺めると、わずか一年でここまでビジネスモデルが変化するのかと感慨深いものがある。ぼくは国粋主義者ではないので、海外資本がトリガーを引いたこと自体はどうでもいいのだけれど、中国13億人や英語圏17億人のスケールと比較すると、そりゃ日本をターゲットにした作品は衰退の一途だろうなと寂しい気持ちになる。とはいえ、映画はハリウッドでもボリウッドでも面白いし、その隙間(国内むけ作品)はIT武装したインディーズ・クリエイターが埋めてくれるだろうし、晴れて国内アニメーター労働問題も解決した様子なので、悲観的になる必要はないと思うけどね。

さて、そうした未来に立脚して振り返ると、この2018年にアニメ『ポプテピピック』が産み堕とされたのは、一つの象徴的な出来事なのかもしれない。例えばそれは、楽しむための文化的ハードルが極めて高いこと*1、メディアやジャンルと一体化していること*2、放送枠の概念に囚われながらも歪ませていること、などなど。

一言でいえば、本作は不均衡そのものなのだと思う。メタ的に自由度の高い作品だからこそ、まだ顕在化していない諸々の変化の片鱗が見える。だけど、それを論理的に掴もうとすれば、どうにもツマラナイ思考に収斂される。

そして、そのバランスの難しさは、クリエイターも、視聴者も、全く同じなんじゃないかと思うのだ。

だから本エントリも、ゆるふわなまま終わることにする。

じゃあの。

*1:ぼくはTwitterの流行にも声優にも疎いので、ホームステイ初日に見せられるシンプソンズくらいの疎外感がある。

*2:一般的な意味とは全く異なるが、なんとなく”ステルス・マーケティング”という言葉が当てはまる気がする。

取らぬ狸の皮算用 #転詞

ペティ=クラークの法則は、どうも言葉には上手く当てはまらないようで、ぼくたちは未だに「捕らぬ狸の皮算用」なる第一次産業のビジネスで人生を語る。

大衆消費社会を支えた第二〜三次産業の安定収入構造は、クレジット払いという「捕らぬ狸」を生み出したけれど、もはや中間層そのものが絶滅危惧種となってしまった。

その過程で製造業もサービス化してしまい、むしろ金融資本主義という「捕らぬ狸の皮算用」の自己実現メカニズムこそが今日の世界を支配している。

絶えざる成長領域を追い求める以外に生き残る術はなく、利益を全額再投資して新たな山を目指し、ひたすら皮算用を実現させ続けるしかない。

そのイカれたハイキングの結果、世界は日進月歩で目まぐるしく変化していて、ぼくたちの身の回りは、数年前まで夢物語だった財サービスに溢れている。

それこそが21世紀で、そうして人類が22世紀に至るのだとすれば、やっぱアイツ、タヌキ型ロボットなんじゃないかな。

不定期コラム「転詞(こけ-ことば)」はじめます。

生まれながらに語彙力をもつ人間はいない。だから貴方と言葉はアカの他人のはずなのだけど、一言でも身体と心を重ねてしまえば、もはや言葉から逃れることはできない。死がふたりを分かつまで、言葉は貴方と共に人生を走り続ける。

でも言葉は、たまに貴方を追い越す。ふとした瞬間、電車でダベる高校生の口の中に、優秀な部下のレポートの中に、久しぶりに見るバラエティー番組の中に、貴方は見覚えのない背中を見つける。…そりゃ結婚どころか一緒に走る約束すらしていないけど、ほぼ事実婚みたいなもんだったじゃないか。貴方はなんだか寂しい。

だけど貴方もまた、言葉を置き去りにしてきたのだ。足を止めて振り返れば、無数の老いぼれた…記号が見えるだろう。意味どころか読み方すら分からない記号。そう、これは記号だ。言葉ではない。なぜなら、貴方の知る古い”言葉”は、全て貴方と共にあるのだから。

貴方は走り続けていて、時間は未来に向けて流れていて、だから新しく生まれた言葉に追い抜かれて、古い言葉を置き去りにしていく。それはとても自然なことで、あえて書くほどのことはない。新しい言葉を追いかけてもいいし、古い言葉に寄り添ってもいいし、もちろんただ移ろいに身を任せていてもいい。貴方がどの道を選ぼうと、言葉は付かず離れずそこにある。

ぼくが好きなのは、そんな言葉が「転ぶ」瞬間だ。かつては正しく社会と紐付いていて、なんとなく一緒に走り続けていた言葉が、あるとき突然に消えてしまう、その一瞬がたまらなく面白い。

そんなわけで、不定期コラム「転詞(こけ-ことば)」はじめます。

奮え 朋に捧ぐ命よ 鼓動を打て/鉄鋼団『STARLIKE』の戦闘システムについての考察

世の中に面白いビデオゲームは数あれど、ズドンと脳髄に電撃が走るような作品は珍しい。例えばそれは、洗練されたシステムをもつもの、ゲーム体験に新たな地平を切り開くもの、紡がれるストーリーとのシンクロ率が高いもの、などなど。

鉄鋼団『STARLIKE』は、そんな稀有な作品の一つだ。

戦後復興期の日本を思わせる異世界を舞台に
主人公・節子が「ハムスタア」を育て様々な試練に立ち向かう
異色の「育成バトル・アドベンチャー
 
ハムスタアの賭け試合にして 名も無き神の星祭
バラックの天幕の暗闇の中 人と獣と、獣と人
小さな戦士達の魂のバトルが始まる
 
鉄鋼団 - 作品情報

本作は順次エピソードが制作されてゆく連載作品であり、現在は第拾壱話までが公開されている。各話は基本的に二部構成であり、ハムスタアの育成やバイトに勤しむ「日常パート」をメインに物語が進行し、そのクライマックスに宿敵との「戦闘パート」が待つ。そんな本作のストーリーについては上記のリンク先をご覧いただくとして、このエントリでは「戦闘パート」の魅力を紹介したい。

続きを読む

すべてのビデオゲームはRPG(Role-Playing Game)である

ビデオゲームについて語ることは、雲を掴むことに似ている。ぼくは雲を見ることができるし、どんなものか説明できるし、思いを馳せることもできる。だけど、手ざわりを感じるために掴もうとすれば、雲は立ちどころに霧散してしまう。

同じように、ビデオゲームについて語る言葉や概念はよく分かる。キャラクターとアバターインタラクティブ、受動と能動、学習と快感、システムとナラティブ、などなど。しかし、じゃあビデオゲームとは何なのかと考えてみると、どうにも収まりが悪く気持ち悪い。同じことを異なる言葉で説明しているようでいて、いざ正面から向き合えばうまく接合できず、なんだか掴みどころがない。

そこで今回は、ビデオゲームに纏わる諸概念を丁寧に解きほぐし、一つの理論体系に統合することを試みた。ただ、タイトルとして「すべてのビデオゲームRPGである」とブチ上げてはいるものの、その結論自体に大した意味はない。本エントリが目指すのは、ビデオゲームに関する論考について「それって○○だよね」と言うときに、抜け落ちてしまうものや不純に混ざってしまうものを、可能な限り正しく取り扱うことのできるフレームワークを炙り出すことだ。

ただし、ぼくはゲームクリエイターではないし、ゲームに携わる仕事もしていないし、なんなら年間でも数本程度しかプレイしない駄ゲーマーだ。だから、実態と著しく異なる記述があるかもしれないが、そこは寛大な心でご指導いただければ幸いである。

続きを読む

飯間浩明『小説の言葉尻をとらえてみた』読書会の感想

三省堂国語辞典』の編集委員、飯間先生著『小説の言葉尻をとらえてみた』の読書会に参加してきた。

改めて考えると、国語辞典とは奇妙な書物である。外形的に表現すれば「言葉」と「説明」の束なのだろうが、その「説明」もまた「言葉」の束であり、終わりなき循環に囚われている気がする。まぁ後者の束は「文章」であり、そこには言葉の羅列以上の意味があるので、あくまで”気がする”だけなのだが、それでもどこか釈然としないものがある。言葉を言葉で説明するのに、言葉以外の何かが介在している違和感というか。

そんなモヤモヤを抱えたまま帰路についたのだが、以下の記事を読むうちに(素人なりの)答えに辿り着いたので、久しぶりに筆を執ることにした。

logmi.jp

続きを読む

目覚まし時計に宗旨変え

平成も終わらんとする時代に、スマホの数百倍は劣るレガシーデバイス「目覚まし時計」を手に入れた。特に深い理由はなく、懐かしさで何となく買ってみただけなのだが、これが驚くほどスッキリと目が覚めた。別に特別な機能があるわけでもない、2,000円程度の置き電波時計にも関わらず、である。スマホのアラームで十分だと思っていたが、釈迦も掌返しで宗旨変えするほどの衝撃を受けた。

僕は睡眠の専門家でもないし、あえて調べるほどでもないので、駄仮説だけ置いておくと「起きるときの動作か否か」が両者の決定的な差なのではないかと思った。言い換えると、目覚まし時計を止める動作は起床時のみのものだが、スマホのアラームを止める動作は就寝時と同じであり、それゆえ目覚まし力(めざまし-ちから)が違うということだ。もうお分かりかと思うが、①スマホを手にし、②画面をみて、③タップして、④投げ捨てる(⑤また手にしちゃう)というアラーム停止時の一連の動作は、寝るときとほぼ同じである。それは単に外形的な話だけではなくて、例えば小さな画面に焦点を集中させることなど、細胞などの動きも含む。

その意味でいえば、目覚まし時計らしき動作を継承しつつ、もっと起床に特化したデバイスだって作れるはずだ。それが目覚まし時計業界の活路ではないかと思う一方、ナチュラル・ボーン・スマホアラーム世代には一切響かないのかもしれなく、こと文化やビジネスというものは難しいと痛感する。うーん、やっぱちゃんと調べるかな…。雑な括りではUI/UX、もう少し細かく見ればアフォーダンス、換骨奪胎的な飛び道具としてはメタセマンティクス等の知見も活かせるのかも。バイタルデータ分析は隆盛だけど、こういう視点で睡眠or目覚ましサービスを設計してる企業いないですかね。

そんなことを考えつつ、今日も二度寝した。それじゃあ駄目じゃんSHUNPU-TEI-SHOTA-DEATH。